薬剤師の薬ノート

薬剤師の学習記録(ブログ)と体験談も少しあります

リバーロキサバン(イグザレルト)の用量について

リバーロキサバン(イグザレルト)はDOAC直接経口抗凝固剤=Direct Oral Anti Coagulants)の一種です。

 

DOACの作用機序については以下にまとめています。

yakuzaishi-info.hateblo.jp

 

投与の基準になるCHADS2スコアについてはこちらです。

 

yakuzaishi-info.hateblo.jp

 

DOACは抗凝固薬であり、過量投与となってしまうと危険な薬剤です。

リバーロキサバン(イグザレルト)の投与量についてまとめたいと思います。

 

  適応症

・非弁膜症性心房細動(NVAF)患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制

深部静脈血栓症(DVT)及び肺血栓塞栓症の治療及び発症抑制

 

 

  用法用量

「非弁膜症性心房細動(NVAF)患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制」

 → 15mgを1日1回食後投与

   腎機能の程度に応じて10mg1日1回に減量する

 

腎機能に応じて減量基準があります。

 クレアチニンリアランス

 30~49mL/min  10mg 1日1回

 15~29mL/min   投与を慎重に検討し、投与する場合は10mg1日1回 

 15mL/min未満    投与しないこと

 

 

深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症の治療及び発症抑制」

 → 初期3週間は15mgを1日2回食後投与(出血のリスクに十分注意)

     その後は15mgを1日1回

 

こちらも腎機能に応じた減量基準があります。 

  クレアチニンリアランス

 30~49mL/min  投与を慎重に検討し、投与する場合は15mg1日1回 

 29mL/min未満   投与しないこと 

 

 

 

このように疾患によって、減量基準が変わりますので注意が必要です。

 

未変化体の尿中排泄率は約36%です。

代謝には主にCYP3A4が関与しており、一部2J2により代謝されます。

中等度以上の肝障害がある方(Child-Pugh分類B又はCに相当)には投与禁忌となります。

また妊娠中の女性にも投与禁忌の薬剤となっています。

以下、併用禁忌薬剤です。

 

 併用禁忌

HIV治療薬

・リトナビル(ノービア)

・ロピナビル+リトナビル(カレトラ)

・アタザナビル(レイアタッツ)

・ダルナビル含有製剤(プリジスタ、シムツーザ)

・ホスアンプレナビル(レクシヴァ)

コビシスタット含有製剤(スタリビルド、ゲンボイヤ、プレジコビックス)

経口 アゾール系抗真菌薬

・イトラコナゾール(イトリゾール)

・ボリコナゾール(ブイフェンド)

・ミコナゾール(フロリード)

 

 HIVプロテアーゼ阻害剤、コビシスタット含有製剤はCYP3A4及びP糖タンパクを強力に阻害し、アゾール系抗真菌薬もCYP3A4を強力に阻害するため併用禁忌となっています。

 

アピキサバン(エリキュース)の用量についてはこちらです。 

 

 エドキサバン(リクシアナ)の用量についてはこちらです。

 

 

 

 

yakuzaishi-info.hateblo.jp