薬剤師の薬ノート

薬剤師の学習記録(ブログ)と体験談も少しあります

今の職場に疲れた方が、良い職場に転職する方法

f:id:kusuriya3:20200531162933j:plain

 薬剤師が今よりも良い職場に転職する方法、それは「転職サイト」を利用することです。

 

「なんだ、転職サイトか...」と思われたかもしれませんが、今よりも年収が増える、休日が多い、残業が少ない、キャリアアップできる職場へ行くのに転職サイトは必須です。

むしろ、転職サイトを利用しないと、希望する条件の職場を見つけるのは困難です。

 

 

その理由の1つは、条件の良い求人は非公開となっているからです。

 

求人を出す企業側としては、自社の出店状況や給与などの雇用条件を競合他社に知られることを警戒するケースがあるためです。

 

非公開となっている求人は、転職サイトに登録することで見ることができるようになります。

 

 

 

また、転職サイトの担当者が自分に代わって求人先に質問や条件アップの交渉も行ってくれます。

 

面接に行ったときに自分から「給料は毎年どのくらい上がりますか?」「残業は月何時間くらいですか?」「管理薬剤師手当はいくらですか?」などといったことを聞きづらい方は、代わりに質問や交渉をしてもらうことができます。

 

こうすることで転職のミスマッチもなくなります。

 

 

 

どの転職サイトも無料で利用することができます。

 

希望する求人でなければはっきり断りましょう。

もう少し考えようとなった場合はその旨を伝えるだけで転職活動を休止できますし、登録を解除してもらうこともできます。

 

転職サイトに登録をしたからといって絶対に転職をしないといけない訳ではないので、デメリットなく利用することができます。

 

 

 

今の職場に悩んだまま残ると以下のような心配があります。

・ストレスを毎日抱えながら仕事をする

  業務に集中できない

  勉強する意欲も低下してしまい成長できない

  心や体の健康を損なうおそれがある

・残業が多い、休日が少ない

  プライベートの時間が取れず、振り返った時に思い出が無い、仕事以外の色々な

  経験ができないといったことになります。

・給与が変わらない

  転職で年収が70万円上がる場合、2年遅れたら140万円差がつきます

 

 

・キャリアアップや成長が遅れる

   すぐ転職した場合と、1年間我慢した場合を比べると経験値の差がついてしまい

  ます。

 

 

 

転職サイトはほとんどの薬剤師が利用しており、現在非常に多くの種類があります。

 

2~3社くらいの複数社に登録するのが基本です。

 

大手の以下3社は間違いのない転職サイトです。

 

・ファルマスタッフ

・マイナビ薬剤師

・薬キャリ

 

 

今の職場に疲れた方は、登録をして多くの求人や可能性があることを知るだけでも励みになると思います。

 

人生は思ったよりも短いです。

 

そのうち仕事の時間は多くを占めますので、貴重な時間を悩んで過ごしたりせず、充実したものにしましょう。 

 

yakuzaishi-info.hateblo.jp

 

 

f:id:kusuriya3:20200607155348j:plain