薬剤師いんふぉ

薬剤師の学習記録(ブログ)と体験談も少しあります

免疫系

デカドロンエリキシルのアルコール量

デカドロンエリキシル(一般名:デキサメタゾン)は副腎皮質ホルモン製剤です。 デカドロンにはエリキシル剤があり、これにはエタノールが含まれています。 エリキシル剤とは エリキシル剤は 甘味及び芳香のあるエタノールを含む澄明な経口液剤です。 有効成…

オレンシア(アバタセプト)の作用機序

オレンシア(一般名:アバタセプト)はT細胞選択的共刺激調節剤であり生物学的製剤の一種です。 関節リウマチの治療等で使用されています。 生物学的製剤とは 生物学的製剤とは、生体が作る物質を薬剤として利用したものです。 化学的に合成したもの(化合…

サラゾピリンとアザルフィジンENの違い

サラゾピリン(一般名:サラゾスルファピリジン)は潰瘍性大腸炎治療薬であり、アザルフィジンEN(一般名:サラゾスルファピリジン腸溶錠)は抗リウマチ薬です。 有効成分はどちらもサラゾスルファピリジンですが、適応症が異なります。 適応症 サラゾピリ…

アクテムラ(トシリズマブ)の作用機序

アクテムラ(一般名:トシリズマブ)はIL-6の働きを抑えるヒト化モノクローナル抗体薬であり生物学的製剤の一種です。 関節リウマチの治療等で使用されています。 生物学的製剤とは 生物学的製剤とは、生体が作る物質を薬剤として利用したものです。 化学…

ケアラム(イグラチモド)の作用機序

ケアラム(イグラチモド)は抗リウマチ薬です。 適応症 関節リウマチ 用法用量 1回25mgを1日1回朝食後に4週間以上投与し、 それ以降、1回25mgを1日2回(朝食後、夕食後)に増量する。 作用機序 リウマチは免疫の異常により自分自身の細胞を攻撃し…

リウマトレックス(メトトレキサート)の作用機序

リウマトレックス(メトトレキサート:MTX)は抗リウマチ薬です。 リウマチの他、乾癬の治療で使用されることもあります。 適応症 ・関節リウマチ ・局所療法で効果不十分な尋常性乾癬 ・関節症性乾癬 ・膿疱性乾癬 ・乾癬性紅皮症 ・関節症状を伴う若年…

サリベートエアゾールの使い方

サリベートエアゾールは人工唾液を口腔内に噴霧するお薬です。 口の中に噴霧することで、口に潤いを与えて口の中の粘膜が乾燥するのを防ぎます。 シェーグレン症候群や放射線照射による口腔内乾燥症(ドライマウス)に適応があります。 唾液の分泌障害が起き…