薬剤師の薬ノート

薬剤師の学習記録(ブログ)と体験談も少しあります

呼吸器系

クレンブテロール(スピロペント)の腹圧性尿失禁改善作用

クレンブテロール(スピロペント)はβ2刺激作用を持つ薬剤であり、そのβ2刺激作用により気管支を拡張します。 気道閉塞性障害(気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎)により気道が狭くなり息苦しくなった状態に使用することで、気道を広げで呼吸…

テオフィリンの相互作用

テオフィリン(テオドール/ユニフィル)はキサンチン系気管支拡張剤であり、喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療に使用されている薬剤です。 気管支を広げて炎症を抑える作用があります。 テオフィリンはホスホジエステラーゼを阻害することにより、…