薬剤師の薬ノート

薬剤師の学習記録(ブログ)と体験談も少しあります

サリベートエアゾールの使い方

サリベートエアゾールは人工唾液を口腔内に噴霧するお薬です。

 

口の中に噴霧することで、口に潤いを与えて口の中の粘膜が乾燥するのを防ぎます。

 

シェーグレン症候群放射線照射による口腔内乾燥症(ドライマウス)に適応があります。

唾液の分泌障害が起きている疾患に使用をします。

 

では使い方を見ていきましょう。

 

・使用前に缶をよく振ります

・缶のふたを開けたら、缶の上部の青印と噴霧口を合わせます

 (ここが合わさっていないと、うまく噴霧ができずガスが先に無くなってしまいます)

・缶を垂直に立てて、ノズル上部の真上から押して噴霧します

 (缶を横や斜めにして噴霧すると、うまく噴霧できないことがあります)

・通常は1回1~2秒間口腔内に噴霧します

 1日に4~5回噴霧するのが目安です

・1回当たりの噴霧液量が少なくなってきたら、噴霧時間を延長します

 (1回1秒間の噴霧を30回以上行うと噴霧液量が減少してきます)

・使用後は噴霧口付近をよく拭き取って、清潔に保存します

 

サリベートを用法通り、1回1~2秒間の噴霧で使用をした場合、約50噴霧が可能です。

1~2秒間の噴霧液量が約1gであり、1缶50gであるため約50回の噴霧が行えます。

 

前述したように、缶の上部の青い印と噴霧口を合わせて垂直に噴霧をすることで、最後まで薬剤が残らずに使用することができます

噴霧口を合わせなかったり、横や斜めにして噴霧をすると、うまく噴霧が行えず噴射剤(炭酸ガス)が先に消費されてしまい、薬液が残ってしまうことがあります。

 

40℃以上になる場所での保管は避けるようにします。

車の車内などは気をつけるようにしましょう。

 

また、サリベートを食前に使用すると、口の中が潤い食事が摂りやすくなる効果が期待できます。

 

添付文書では、ほとんどにおいはなく、わずかに甘みがあると記載されていますが、特有の味とにおいがあります。

冷蔵庫で保管をすることで、特有の味やにおいが減り使用感が良くなります。

 

噴霧は舌の上だけでなく、舌の下や横粘膜にも使用すると効果が長持ちしやすくなります。

 

 

  まとめ

・使用前に缶をよく振る

・缶のふたを開けたら、缶の上部の青印と噴霧口を合わせる

・缶を垂直に立てて、ノズル上部の真上から押して噴霧する

・通常は1回1~2秒間口腔内に噴霧する

・1回当たりの噴霧液量が少なくなってきたら、噴霧時間を延長する

・使用後は噴霧口付近をよく拭き取って、清潔に保存する

 

 

 

 

yakuzaishi-info.hateblo.jp