薬剤師いんふぉ

薬剤師の学習記録(ブログ)と体験談も少しあります

ジェムザール(ゲムシタビン:GEM)の作用機序

ジェムザール(ゲムシタビン:GEM)はピリミジン代謝拮抗薬(シチジン系)に分類される抗がん剤です。

 

yakuzaishi-info.hateblo.jp

 

 

 デオキシリボヌクレオチドについて 

デオキシリボヌクレオチドはDNAの構成単位です。

核酸塩基+糖+リン酸から成ります。

 

核酸塩基にはA(アデニン)、G(グアニン)、C(シトシン)、T(チミン)の4種類があります。

 

これらの核酸塩基と糖、リン酸が結合したもの(デオキシリボヌクレオチド)をそれぞれdATP、dGTP、dCTP、dGTPと呼びます。

 

 

 

 DNA合成について

DNA合成はDNAポリメラーゼという酵素が行います。

 

DNAポリメラーゼは先ほどのデオキシリボヌクレオチド(dATP、dGTP、dCTP、dTTP)を材料として使用し、DNA鎖につなぎ合わせて鎖を伸ばしていきます。

 

細胞周期ではS期に当たります。

 

 

 

 ジェムザールの作用機序

ジェムザール(ゲムシタビン)はデオキシリボヌクレオチドのうちのシトシン(C)が結合したdCTPに類似した構造をしています。

 

糖鎖の2位がフッ素原子に置換された構造をしています。

 

ジェムザールは細胞内で代謝を受けて二リン酸化物のdFdCDPと三リン酸化物のdFdCTになります。

 

dFdCTPは、DNA合成の材料であるdCTPと競合し、DNAポリメラーゼによりdCTPの代わりにDNA鎖に取り込まれることで、DNA合成を阻害します。

 

 

またdfdCDPはDNA合成に必要なリボヌクレオチドレダクターゼ(リボヌクレオチド還元酵素)を阻害します。

リボヌクレオチドレダクターゼはDNA合成に必要なデオキシヌクレオチド三リン酸(dATP、dGTP、dCTP、dTTP)を合成する酵素です。

 

リボヌクレオチドレダクターゼが阻害されることで、dCTPが減少し、材料が不足してしまうためDNA合成が阻害されます。

このようにしてジェムザール(ゲムシタビン)は抗腫瘍効果を発揮します。

 

 

同じピリミジン代謝拮抗薬(シチジン系)であるキロサイド(シタラビン:Ara-C)とは、作用の仕方が異なる点もあり、キロサイドのように細胞周期のS期にだけ効果を発揮するのではなく、ジェムザールは細胞周期に関わらず効果を発揮する薬剤です。

 

 

 

 

 

 

yakuzaishi-info.hateblo.jp