薬剤師いんふぉ

薬剤師の学習記録(ブログ)と体験談も少しあります

ビダーザ(アザシチジン:AZA)の作用機序

ビダーザ(アザシチジン:AZA)はピリミジン代謝拮抗薬(シチジン系)に分類される抗がん剤です。

 

yakuzaishi-info.hateblo.jp

 

 

デオキシリボヌクレオチドについて 

デオキシリボヌクレオチドはDNAの構成単位です。

核酸塩基+糖+リン酸から成ります。

 

核酸塩基にはA(アデニン)、G(グアニン)、C(シトシン)、T(チミン)の4種類があります。

 

これらの核酸塩基と糖、リン酸が結合したもの(デオキシリボヌクレオチド)をそれぞれdATP、dGTP、dCTP、dGTPと呼びます。

 

 

 

 DNA合成について

DNA合成はDNAポリメラーゼという酵素が行います。

 

DNAポリメラーゼは先ほどのデオキシリボヌクレオチド(dATP、dGTP、dCTP、dTTP)を材料として使用し、DNA鎖につなぎ合わせて鎖を伸ばしていきます。

 

細胞周期ではS期に当たります。

 

 

 

 ビダーザ(アザシチジン)の作用機序

核酸塩基の一種であるC(シトシン)が糖に結合したものをシチジンと言います。

 

ビダーザ(アザシチジン)はシチジンの5位の炭素(C)を窒素(N)に置換した構造をしています。

 

ビダーザはシチジンと同じ核酸輸送系で細胞内に取り込まれ、シチジンと同様にウリジンシチジンキナーゼによりリン酸化を受けて、アザシチジン三リン酸(Aza-CTP)となりRNAに取り込まれます。

 

このAza-CTPがRNA合成で組み込まれると蛋白質合成阻害を起こし、殺細胞作用を示します。

 

 

また、ビダーザはリボヌクレオチドリダクターゼによりアザデオキシシチジン三リン酸(Aza-dCTP)となって、DNAに取り込まれます。

このAza-dCTPがDNA合成で組み込まれると、DNAメチルトランスフェラーゼと不可逆的な複合体を形成して、DNA鎖のメチル化を阻害して細胞の分化誘導作用や増殖抑制作用を示します。

 

骨髄異形成症候群(MDS)ではがん細胞の増殖を抑える遺伝子がメチル化により十分に働けない状態になっていると考えられています。

 

ビダーザがDNAのメチル化を阻害することで、これらの遺伝子の発現が正常になりがん細胞の増殖を抑制します。

 

 

 

 

 

 

yakuzaishi-info.hateblo.jp