薬剤師いんふぉ

薬剤師の学習記録(ブログ)と体験談も少しあります

PL配合顆粒の4成分について

総合感冒薬であるPL配合顆粒には4成分が含まれています。

 

規格

1g/包

 

 

適応症

感冒若しくは上気道炎に伴う下記症状の改善及び緩和

鼻汁、鼻閉、咽・喉頭痛、頭痛、関節痛、筋肉痛、発熱

 

 

用法用量

1回1g 1日4回

 

 

 

組成

 有効成分(1g中)

サリチルアミド            270mg

アセトアミノフェン          150mg

無水カフェイン             60mg

プロメタジンメチレンジサリチル酸塩  13.5mg

 

 

 

作用機序

PL配合顆粒には上記の4成分が含まれています。

風邪の原因を治しているのではなく、感冒症状を和らげる対症療法になります。

 

・サリチルアミド

サリチル酸系の解熱鎮痛薬であり、NSAIDsの一種です。

痛みや炎症を緩和する効果があり、痛みや熱に対して効果があります。

 

アセトアミノフェン

安全性の高い解熱鎮痛薬です。

穏やかに熱や痛みの症状を改善します。

 

・無水カフェイン

中枢神経を興奮させる作用があります。

風邪による疲労感や不快感を改善します。

他の鎮痛薬の鎮痛作用を増強したり、副作用による眠気の軽快にも効果が期待できます。

 

・プロメタジンメチレンジサリチル酸

第1世代の抗ヒスタミン薬です。

鼻水や鼻閉、くしゃみなどの症状を改善します。

 

 

 

注意点

PL配合顆粒には4成分が含まれているため、それぞれの成分で注意すべき点があります。

 

・サリチルアミド

NSAIDsの一種ですので、消化性潰瘍のある方には使用ができません。

また、サリチル酸系薬剤はライ症候群との関連性が報告されており、15歳未満の水痘、インフルエンザの患者に原則使用できません。

 

アセトアミノフェン

安全性の高い解熱鎮痛薬ですが、市販の感冒薬に含まれていることが多く、過量投与となってしまった場合は、重篤な肝障害が発現するおそれがあります。

 

・無水カフェイン

栄養ドリンクやコーヒー、エナジードリンクにもカフェインは含まれており、一緒に服用した場合、カフェイン中毒となるおそれがあるので注意が必要です。

 

・プロメタジンメチレンジサリチル酸

第1世代の抗ヒスタミン薬ですので、血液脳関門を通過しやすく眠気の副作用に注意しなくてはいけません。

抗コリン作用も強いので、緑内障前立腺肥大症の患者には禁忌となります。

(抗コリン性パーキンソン作用があるので、「ピレチア」という薬剤名でパーキンソニムスに使用されています)

 

 

どれも風邪のウイルスには効果が無く対症療法になりますので、症状が緩和したら服用は早めに中止するようにしましょう。

風邪薬を飲んだからといって、無理をしたりせず安静に過ごすことが一番大切です。

 

幼児用PL配合顆粒についてはこちらです。 

yakuzaishi-info.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 

yakuzaishi-info.hateblo.jp